読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビギグラマーのノート

自作PCやプログラミングについてのブログです。

loadRequestでwebにアクセスできない

環境 iOS 10.1 Xcode 8.0 Swift 3.0.2

 

ios9以上ではUIWebViewを使用してインターネット閲覧機能をAppに実装するとき、loadRequestをしてHTTPウェブサイトにアクセスできません。その場合info.plistを書き換えて一時的にHTTPにアクセスすることを許可しないといけません。言い換えればHTTPSのサイトにはそのままアクセスできるということです。

HTTPSとはSSLによる通信の暗号化を行いより安全に通信をできるようになる仕組みです。しかし現在のところHTTPS通信に全てのサイトが対応しているとは言いがたい状態です。

f:id:BegiGrammer:20161210174356p:plain

Security has blocked a cleartext HTTP (http://) resource load since it is insecure. Temporary exceptions can ve configured via your app's Info.plist file.

すなわち「HTTPなんて信用できるかFu*k  でも、Info.plistで許可してくれたら考えておくけど... 別にあんたのためじゃないんだからね!あくまで一時的によ 一時的に...

ということをおっしゃっているようです。すなわちinfoを編集しなくても例えば、 https://www.amazon.com などのHTTPS通信に対応しているところにはアクセスできます。

以下 info.plistの編集方法

f:id:BegiGrammer:20161210180753p:plain

info.plist にApp Transport Security Settingsを追加し(追加方法はカーソルを合わせると出てくる+ -の+をクリック)その中にさらにAllow Arbitarary Loadsを入れ、そのValueをYesに変更してください。

f:id:BegiGrammer:20161210181238p:plain

この方法は前述の通り一時的なものなので将来的には削除される可能性があります。 

現在UIWebviewからWKWebviewに移行が進んでおり、全体的にそちらの方がレスポンスも早く、なおかつ安定しているそうです。