読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビギグラマーのノート

自作PCやプログラミングについてのブログです。

【Swift3】WKWebViewの使い方とロード後に呼び出されるメソッド

 iOS8.0からWKWebViewが追加され、現在よりセキュアで安定したWKWebViewの使用をAppleは推奨しています。WKWebViewはStoryBoard上でまだ扱えないのでコードを書いていく必要があります。

WKNavigationDelegateはwebViewが活動中に色々といじれる便利なプロトコルなので一度リリースノートを読んでおくといいでしょう。

WebKit | Apple Developer Documentation

今回はwebページのtitleを獲得するためにページのロード後に呼び出される func webView(WKWebView, didFinish: WKNavigation!) を使用しました。またhttpsとhttpのどちらにも対応する場合 Info.plist -> App Transport Security Settings -> Allow Arbitrary Loads in Web Content を YES にする必要があります。この設定でどちらもセキュアに通信できるのはiOS10以上のデバイスのみです。iOS9や8対応の場合は Allow Arbitrary Loads もYESにします。しかしこれはあまり推奨されない方法です。

2017/03/14現在iOS10のシェアは76%でiOS9のシェアは16%なのでそろそろアプリのサポートを切ってもいい頃合いだとは思います。

App Store - Support - Apple Developer

 webのページを戻したり進めたりする場合昔はScreen Edge Pan Gesture を設置して戻る際の挙動を書かなければいけませんでしたが、今は webView.allowBackForwardNavigationGestures = true にしておくだけで簡単に設定できます。